ミトコンドリア

 

生物基礎

細胞

生物細胞

細胞質

ミトコンドリアの話をします。

ミトコンドリアは動物性細胞の小器官です。

細胞の中で大事な役割をしています。

 

役割

細胞内で好気呼吸をしエネルギー(ADP)を生産します。

好気呼吸とは細胞内が呼吸をするを好気呼吸と呼びます。

主な特徴は3つです。

 

3つの特徴

1つ膜(二重膜)の構造を持っています。

2つ半自律的に増殖します。

3つ独自のDNAを思っています。

 

そして、植物には

ミトコンドリアの代わりに

葉緑体という小器官があります。

葉緑体ミトコンドリアの主な違いは光合成です。

 

好気呼吸の代わりに太陽光で

エネルギー(ADP)を生産します。

コレを光合成と呼びます。

 

共生説

進化の過程の話をします。

ミトコンドリアは"好気性細菌"

葉緑体は"シアノバクテリア"だったと考えられています。

原始生命は原核細胞を持つ単細胞生物

(好気性細菌、シアノバクテリア)=原核生物でした。

 

進化の過程で原核生物を細胞に取り込んだ生命が誕生しました。

 

それが真核細胞を持つ真核生物=多細胞生物つまり

人間や植物が誕生しました。

 

コレを共生説と呼ばれています。

 

生命の誕生にはこんな、 Dream is like storyがあったのですねぇ~

生物基礎

生物基礎

生物基礎について

基礎は大きく4つ別けることが出来ます。

1つ細胞

2つ体内環境

3つ免疫

4つ植生

 

今日は1の細胞の話をします。

 

細胞って何?

細胞は生物の基本単位の事です。

細胞が1.10.100.1000.10000.100000......集まって人間になるんやね。

 

構造

その細胞の構造は大きく2つに別けることができます。

1つ核←核ってなに?

核の構造は大きく3つに別ける事ができます。

核小体

外殻

あと一つ!

 

2つ細胞質

細胞質の構造は大きく3つに別けることが出来ます。

1つ染色体

2つミトコンドリア

3つリボソーム

 

1と2の話をします。

染色体は

DNAとタンパク質(ヒストン)からなります。

 

ここで大事なのは

 

DNAの知識です。

DNAはズバリ、核酸です。

役割

遺伝情報の本体が収められています。

DNAの基本単位はヌクレオチドです。

ヌクレオチドが1.10.100.1000.10000.100000.....集まってDNAになるんやね。

ヌクレオチドは塩基、糖、リン酸でできています。.

 

そして

遺伝情報はA(アデニン)T(チニン)G(グエニン)C(シトシン)の配列で決まります

これをゲノムと呼びます。

 

更に核酸にはRNAという仲間がいます。

その話はまた、後日。それではsee,you!

 

 

 

記憶法

記憶法

記憶の話をします

 

 

記憶の原則と3つのルール

 

記憶の原則

 

覚える対象を意識する

記憶の3つルールに従う

 

1記銘

2保持

3想起

 

が必要である

 

事は書きました。

さて今回は1記銘の話をします。

 

記銘の方法

記憶する内容を関連づけて

体系化して覚える事です。

 

ベイカーさんという名詞を覚えるには

名詞をただ暗記しては駄目です。

パン屋と関連付けて覚えると記銘する事ができます。

 

つまり

記銘とは

体系化して覚えることではないでしょうか。

 

体系化の方法

 

体系化の一つに

階層化があります。

の順番で覚える。

 

英語を

覚えるなら

単語を一つ一つ覚えるのでは無く

先ず文法から覚える。

文法

 

名詞、関係代名詞、動詞、副詞、形容詞、前置詞etc

そして、

 

名詞はpiano

関係代名詞、they

動詞、play

etc...

と覚えることが出来ますね。

また、反対に思い出すことで、覚えることにも繋がります。

すると

覚える→思い出す→覚えるという好循環が生まれます。

 

覚える時は

体系化して記銘しましょう。see you...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗記法

暗記

 

暗記

 

暗記の話をします。

辞書を引くと、そらで覚えること。とある。

そらで覚えるにはどうすれば良いかを書きます。

 

記憶

 

 

記憶のルール

記憶するには3つのルールがあります。

 

1、記銘

記憶したい事を結びつけて覚える。

 

記憶同士に補完関係を作る。

ベイカーさんより

パン屋のベイカーさんと覚える方が覚え易い。

 

2、保持

 

忘れたら覚え直す。

 

忘れたら、何度も繰り返し覚え直す。

脳は忘れ様に出来ている。

忘れる速さは記憶の量による。

記憶量が少ない=忘れやすい。

記憶量が多い=忘れにくい。

 

3、想起

 

覚えたら思い出す

 

思い出す為に覚える。

忘れたら意味がない。

何時でも思い出せるために何度も思い出す

 

ルールを守って覚えると暗記する事ができます。